運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

お題バシュバル2

甘々でいこうと思っていたのにどこかで方向を間違えた?
まぁそんなことは気にしないでゴー。

恋の駆け引き5のお題 (配布元:loca
02.何も言わない


 薄茶色の長い睫毛は自然と上向きにカールしており、薄い笑みを浮かべた瞳を綺麗に彩っていた。真っ直ぐとバッシュに向けられたヘイゼルグリーンは、蝋燭の明かりを受けて揺らめく水面のような煌めきだった。
「――バル」
 名を呼ぼうと口を開けば、陶磁器で作り上げられた人形のような白い指が伸びてきて、右手の人差指でそっと唇を押し留められる。細くて綺麗な指先は、けれど皮膚が部分的に固くそして少しオイルの匂いがした。
 どのような装飾品で身を飾っても、この指を見れば彼がどのように生きてきたかがわかる。銃を握る手。引き金を引く手。工具を掴む手。機械に触れる手。操縦桿を操る手。空賊という少年が夢を重ねる甘い言葉の響きとは別のものが確かに存在している。
 ――人差し指は一番罪深い
 引き金を引き命を奪うのも人差し指なら、引き金を引かずに責任から逃れるのも人差し指。銃を持つとたった一本の指に全ての業が宿る。そう、彼が珍しく酔った様子の時に呟いていた。あれは父親に銃を向けたことに対する懺悔だったのか、それとも自分の手で幕引きを出来なかった悔恨だったのか、今となっては尋ねることも出来ない。ただ、
 唇から指が跳ねれ、白い指の向こうでバルフレアが艶やかに笑う。
 皮肉を紡ぐ唇が持ち上がり、覗き見えた八重歯が誘うように白く写る。
 言いたかった言葉も、言うべき言葉も、聞きたかった言葉も、聞くべき言葉も、全てが二人の隙間を流れ落ちていく。理由も理屈も何もかも、今ここでは必要とされていないのだと思い知らされる。
 重なる、唇。
 言葉が必要な時間はすでに過ぎ去ってしまっていた。

| FF12 | TOP↑

≫ EDIT

お題でバシュバル


書けない部分でいつまでも止まっていても余計に煮詰まるので、気分転換に引っ張ってきたお題で甘いしか能のないSSを投下しようかと思う。
バカップルという言葉以外思いつかない。

恋の駆け引き5のお題 (配布元:loca
01.目を合わさず


「重いのだが、バルフレア」
「将軍様の筋肉ならそんなに重くはないだろう」
「堪えられるかどうかの話なら問題はないが……」
「ならノープロブレムだ」
「勝手に決められても困るのだが……」
 抗議の言葉はバッシュの予想通り受け流された。言ってこのままじっとしているのも何だか収まりが悪く、だからと言ってどう行動すればいいのかもわからない。
 だがそんなバッシュの困惑をよそに、バルフレアはいたってリラックスした様子で本のページをめくる。手にしているのは普段目を通している専門書関係の書籍ではなく、ましてや新聞の類んでもなく、いたって普通の娯楽小説だ。仰向けに寝転がって顔を隠すようにして読んでいて、本の上から茶色い髪の先だけが見えている。
「――座って読んだ方が楽だと思うのだが?」
「俺は別に構わない」
「私は少々困るのだが」
「少々、なら別に良いだろう」
「だが――何故キミは、私の膝から動かないのかね?」
 パラリ、と捲られるページ。
「さぁ、何故だろうねぇ」
 分厚いハードカバーの表紙がバルフレアの表情を完全に遮っていて、ヘイゼルグリーンの瞳を見ることは出来なかった。

| FF12 | TOP↑

≫ EDIT

ボツ

あーダメだ。頭動かない。間に合わない。無理。

ザッパリ削った場面の残骸があったのでUP。心は乙女でも表現方法はヤルしかしらない、っていうバランスが取れてそうで取れてない、そんなバルが好き。でも好きだけど書くのが難しい。


「なぁ……」
 解体した銃の部品を並べながら呟いた第一声に、大した意味はなかったのかもしれない。夕食までの時間にバルフレアは銃の、バッシュは剣の手入れをしながら他愛のない会話をする。それはいつもの記憶にも残らないような時間だ。
 だからいつものように軽い相槌を返したが、次に耳に聞こえてきたのは、バルフレアが手持ちの銃をテーブルの上に置く音と小さな溜息。いつもと違う気配に、不思議に思って顔を上げた。
 窓際に置かれた丸テーブルの上には細かな部品が整然と並んおり、その前には通り長い脚をモデルのように組んだバルフレアが座っている。いつもの光景であり、唯一いつもと違うのはバルフレアが銃の手入れを中断していることぐらいだった。
「どうかしたのかね?」
「……」
「どこが具合でも?」
「――いや。ちょっとアツイ、ぐらいだ」
「あぁ、この辺りは湿度も気温も高いからな。だが今日は風が強いし、窓を開けたら銃の部品など飛んでしまうのだろう?」
 冷たい水でも貰ってこようかと続けようとしたが、ヘイゼルグリーンの瞳が宿す険呑と紙一重の鋭い視線に、言葉を飲み込んだ。バルフレアはヴァンを子ども扱いする割には、どこか子供っぽい気分屋のところがある。だから機嫌が悪い日というのは珍しいことではない。だが今日は単純に機嫌が悪い、という訳ではなさそうだった。
 乱暴にイスから立ち上がり、ぐらりとテーブルが揺れる。危ないと思ったが、幸いにも銃の部品が落ちることはなかった。だが当のバルフレアは大切な銃であるはずなのに見向きもせず、そのままバッシュの眼前まで近づいてきた。
「バルフレア?」
「……」
「どうかしたのかね? 何か問題があるなら口で言って――」
「ヤラセロ」
「――――? 何の話だ?」
「ヤルって言ったら一つだろ。暑くてイライラするから気晴らしに付き合え、って言えば納得するか?」
 

| FF12 | TOP↑

≫ EDIT

バシュバル ver発掘

久しぶりに発掘したバシュバルー。
eroになりきれず途中放棄した残骸です。
うーん、自分の迷走ぶりが何ともいえないですが、まぁボチボチとログ整理もコピ本もティキ受け萌えもやっていけたら良いなぁ。



 視線を絡めて。指を絡めて。呼吸を絡めて。近づく距離の間に特別な瞬間と空間が生み出される。何度も繰り返された特別でもなんでもない行為で、けれど何度繰り返しても特別な感覚が湧き上がってくる行為。今更と思いつつ、それでもまた、と求めてしまう。
 クスッと過分な含みをもたせた笑いが聞こえ、目の前でヘイゼルグリーンの瞳が試すようにバッシュを見つめる。腰に回されている手が背中を撫で、名工の手による彫刻のように美しい指が誘うように軽く爪を立てる。痕もつかないほどの弱い力だが、何重にも鎖をかけたはずの理性を押し流すには十分過ぎるほどの力だった。
「――バルフレア」
「もう一度だ、将軍様」
「我慢できそうにない」
「アンタ、いつもそうだ。誘惑に靡きもしない堅物に見せかけて、一気に決壊して何もかもを押し流す。本当に、アンタのそういったところにゾクゾク――」
 持ち上がった唇を喰らい尽くす勢いで重ねる。それ以上言葉を聞くつもりはなかった。おそらくバルフレア自身もバッシュが待つつもりなどないことをわかっていただろう。一度動き出した熱を止める術など知らないし、止めるつもりも最初からない。最初に指を絡めた瞬間から互いに、暴走する隙を窺っていたのだから。
「愛している」
「言うなよ、そんな言葉」
「だが真実だ」
「真実なんてもの、どこにもないさ。あるのは事実の羅列と勝手な思い込みだけだ」
「それでも、愛している」
「頑固だな、アンタ」
 腰から背中を伝いあがってくる指先を感じながら、最後の鎖が崩れる音をどこか遠くで聞いた。

| FF12 | TOP↑

≫ EDIT

貴方の重み -バシュバル-

 別にどうしても抱かなければ我慢できないという訳ではない。そのことばかりが頭を占めていた若いころではないし、自分を律するということも苦手ではない。もちろん欲求がなくなるというようなことはないが、優先順位を下げられるほどには理性の制御がきく。けれど溢れんばかりの性欲とはまた別の感情がバルフレアの身体に手を伸ばさせる。その手に、足に、腰に、背に、頬に触れたいと思わせられる。
 性欲とは切り離せないが、単純な性欲とはまた違う衝動。
「――おい、引っ張るなよ」
「こちらに来てくれても構わないだろう?」
「今新聞を読んでるのが見えないのか? もうすぐ終わるから待てよ」
「私の隣でも読めるだろう?」
 まるで我儘な子供のような言い草だと思ったが、それは本心でもあった。掴んだ腕を離さずにやや力を込めて引き寄せると、やれやれと溜息をついてバルフレアは観念したように近づいてきた。人の言うことには否ということが趣味のようなバルフレアだが、意外に人の要望を無下に拒否したりはしない。自分のプライドや利益に差し障りがない限りは、相手の意見を出来る限り受け入れてくれるのだ。
 そう言う意味ではバッシュ自身の方が人の意見を受け付けないところがあるだろう。出会った初めのころにバルフレアに言われたものだ。笑顔で頷きながら人の意見を却下する、と。自分のことながら言い得て妙だと感心してしまった。
 隣にバルフレアが座り、ベッドのスプリングが少し沈んで彼の重さを振動に変える。伝わってくる動きが心地よくてそっと目を瞑り、小さな揺れが完全に止まるまで全身でその動きを感じ取った。生きているから動いている、その当たり前のことを今更のように実感し身体の中にため込む。ジワリと自分の中に温かいものが増えていくのがわかる。
 バッシュは手入れをしようと取りだしていた武器を袋の中に戻した。
 どうやらこれだけでは満足できないらしいと悟り、バルフレアの腰へと手を伸ばす。
「――バルフレア」
「何だよ。もう少し待てって」
「――バルフレア」
「だから待てって。後少しだから」
「――バルフレア」
「おい、待てよ。拒否してるわけじゃないんだから少しぐら――」
 腰を後ろから抱きかかえるようにして、そのまま後ろへと引き寄せて倒れ込む。バランスを崩したバルフレアの身体は、当然のようにバッシュの腕に抱えられたままバッシュの上にのしかかる格好になった。ベ安宿のッドのスプリングとバルフレアが同時に抗議の声を上げる。
「おい!」
「――このまま」
「アンタ馬鹿か? 少しぐらい待てよ」
「暫くでいいから、このまま」
「はぁ?」
「このまま」
 今バルフレアの体重は完全にバッシュにかかっている。バッシュがバルフレアの体重程度で苦しくはないだろうが、それでも大人の男一人の重さがのしかかっているのだ。楽な態勢のはずはないし、好んでするような格好ではない。
 だがバッシュはバルフレアの背に額を押し当てたまま、じっとバルフレアを支えていた。
「……重いだろうが、こんな態勢」
「そうだな」
「……離、せよ」
「だが、いいものだ」
「…………」
 ギシギシと響くスプリングに身を沈めながら、バッシュは呟いた。
「生きている重みだな」
「――本当に馬鹿だな、アンタは」
 新聞がバルフレアの手から離れ床に落ちる音がした。だが重みはバッシュの手の中に確かにあり、「重いな」と噛み締めるようにもう一度呟いた。

| FF12 | TOP↑

≫ EDIT

手の中に -バシュバル-

バシュバルのero書こうとして失敗。
駄目だ。花粉症で前がかすんで文字が見えない……。
推敲どころか読み返しも放棄してUPしてしまいます。すみません。



 いつもは見上げるはずの天井を背中にし、いつもは背中越しに聞くスプリングの軋む音を正面から受ける。向いている方向が違うだけで随分と景色が違い、見ているものが違うだけで湧き上がる衝動が随分と違う。疼くような熱の生成を凌駕する勢いで、焦燥にも似た飢餓感が駆け上がってくる。
「意外だ。アンタ、いつもこんな気持ちで俺を抱いてたのか?」
「――バルフレア?」
 突然のことで次の行動を選べずにいるバッシュの顔を覗き込む。髪は整えられていないが、裏腹に髪質は儀礼用に用意される馬の鬣のように滑らかで淡い金色。短い睫毛の向こうにあるのは灰色がかったブルーの瞳。昔はこの瞳の色が曇り空のようだと思ったものだが、今では夜明けを迎える薄雲りの空の色に見えるのは、自分の感想ながら勝手なものだ。
 抑え込む肩はバルフレアよりも逞しく、けれど粗野な印象は受けない。バッシュが本気になれば形勢を入れ替えることなど簡単なはずだが、じっと次の言葉を待っている。
「どういう意味だね?」
「今、堪らなく嗜虐的な気分だと、そう言っただけだ」
「私はキミをそのように扱ったことなどないよ」
「あぁ、そうだな。アンタはいつも笑えるぐらい丁寧に俺に触れてくる。ゆっくりと優しく、まるで壊れやすいガラス細工を扱うみたいに。だが――隠している最奥まで暴きだす。だろ?」
「…………」
 ゆっくりと手を重ねる。指の長さは僅かにバルフレアの方が長いのだが、太く頑強なバッシュの指はバルフレアのものよりも大きく見える。
 全てを掴み取る手だとバルフレアは思った。バルフレアの手では指の隙間から零れ落ちて何も残らなくても、バッシュならばその手で全てをすくい取ってゆくことができるだろうと感じられるのだ。形あるものも、形のないものも。
「なぁ見せてみろよ、バッシュ」
「――私はキミを大切にしたいのだよ」
「と、同時に壊したくもあるんだろう?」
「…………」
「いいね。本気でアンタに嵌りそうだ」
「酷いねバルフレア。私は最初から本気だというのに」
「制御が利いてる内は本気の範疇に入らないさ」
 笑えば、太い指に力がこもった。ブルーグレイの瞳に浮かぶものも、少し困ったような表情も、何一つとして変わらない。けれど違う。喉元を食い破られそうな恐怖と身の内が震えるような愉悦とが、同等の質量をもって流れ込んでくる。
 小さく息を吸い込む。溺れそうな感覚。
「私はね、キミを壊したくなどないのだよ、バルフレア」
「…………」
「壊してしまったら、そこで楽しみが終わってしまうだろう?」
「だろうな。だが寝ている獣の尾は踏みつけられるためにあるのさ」
 噛みつくような口づけを交わしながら、感じ慣れたシーツの柔らかさをバルフレアは背に受けた。

| FF12 | TOP↑

≫ EDIT

没SS再び -バシュバル-

バシュバル本、少しずつ書き始めています。ただ去年から「長文書けない病」が続いているので、遅々として進みませんけれども。
で、リハビリ兼ねてミニSS。書き続けていないと文章を書くのが億劫になってきてしまうので、短文でも出来るだけ書きまくろうと思う今日この頃。ちなみに一人で空を見上げながら歩いているとSSのネタが降ってくることが多いです。思いついた台詞を口走ってしまうところや、面白そうなネタに笑ってしまう様子は、かなり怪しいと思います。自重。自重。

あ、今日のSSは1/30の没SSの続きです。



「それで――」
 テーブルを挟んだ向かい側で赤い瞳に笑いと呆れを混ぜながら、美しいヴィエラは右に首を傾げた。長い髪がさらりと肩から滑り落ちる。男なら声を掛けずにいられないほどの美貌でありながら、その冷然とした雰囲気に断念していく姿をバルフレアは何度も目にしてきた。その彼女がパートナーとして自分を認めてくれているのは有難いことだった。
「――それで私にどう反応しろと?」
「……あの将軍様の頭はおかしいんじゃないかって話さ」
 先ほどバッシュに対して言った台詞を真似して返され、やや憮然となりながら答えた。
「夢の話でしょう?」
「夢の中で俺が死んだからって、俺に文句を言うのはどうかしてるってやつだ。人様の夢にまで責任持てるかって言うんだ」
 バルフレアがバッシュを残して死んだのは、バッシュが勝手に見た夢の話だ。そのことを非難されてもそんな夢をバルフレアは見ていないし、どうしようもない話だ。それに夢の内容に拘るなど、子供もいいところだ。大人なのだから夢はただの夢と理解しているはずだというのに。
「バルフレア、貴方は見ないのかしら。彼が貴方を置いて死んでしまうような夢を」
「俺? 何でそんなもの見なくちゃいけない」
「あら、愛されてるのね、貴方」
「……はぁ?」
 予想外の言葉に間抜けな言葉と顔を晒す。
 立ち上がった彼女は、涼しげな眼差しと魅惑的な赤い唇で笑みを作り、困った人ねと呟いた。
「夢は不安の表れよ」
「……それで?」
「彼がいなくなることに不安を感じないほど、信頼しているし想われている。そう惚気られているように聞こえたわよ、私には」
「おいっ――」
「そして彼は貴方なしでは世界が成り立たないほど惚れている。……まったく、朝からいい加減にして欲しいわね。後は勝手にやって頂戴」
 反論は聞かないという口調で締めくくると、フランはバルフレアの後ろに視線をやってから、優雅に踵を返した。やや遅れて長い髪がなだらかな腰の括れを隠すように流れ、美しいシルエットを覆った。
 周りを圧倒する存在感で立ち去っていく姿を見送りながら、バルフレアはそっとテーブルのグラスに手を伸ばした。後ろに近付いてくる無骨な気配には、敢えて気付かないふりをしながら。

| FF12 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。