運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

イエシュヴァはマイナー?

現在無性にイエシュヴァとか書きたくなってる。
もちろんイエ→シュヴァ。基本純愛、時々嫉妬と羨望混じり。
鬼畜な騎士団長様もご介入で。

続きはそんな無駄な語りです。


 
イエガーはレイヴンの心臓のこと知ってそうだったのに、
レイヴンはイエガーの魔導器のことを知らないってのがいいというのが最初。
ルー語の裏にシリアスいっぱい詰め込んでたら萌えるよね。
アレクセイを殺そうかと思ってたのに、
シュヴァーンがアレクセイなしだとダメで、思いとどまってたら萌える。
自殺しようかと思ったけど、シュヴァーンが心配で止めてたら萌える。
魔導器と仕事で協力してるのはただの後付けの理由で、
本当はシュヴァーンが危なっかしくて側にいるんだったら萌える。
影で「大丈夫、一人じゃないよ」とシュヴァーンに囁いてたら萌える。
アレクセイ←シュヴァーン←イエガーの一方通行がいい。
イエガーの想いに気づかない鈍いシュヴァーンと、
道化の仮面で隠しながらシュヴァーンを守る(報われない)イエガー。
うぉぉ、萌える。
ルー語で話しまくってても素直に萌えられる。

ついでにシュヴァーンもイエガーもアレクセイに美味しく頂かれてたらもっといい。
イエガーにはシュヴァーンをタテにして色々無茶(ero的に)させてて、
苦手なシュヴァーンには「イエガーの方が心得てるな」とか言って苛めるんだぜ。
アレクセイは極悪非道鬼畜でこそ映えるというものだ。
シュヴァーンはアレクセイのことは敬愛してるんだけど、
ero的なことは身体が拒絶反応起こすんだ。
自分がアレクセイのことを満足させられないことを責めてて、
平気そうなイエガーのことを嫌悪(嫉妬混じり?)して避けるんだよ。
シュヴァーンは心臓は自分だけだと思ってるから孤独を抱いていて、
軽い口調のイエガーが嫌いでお前に何がわかるって思ってたらいい。
そしてイエガーは憎まれ役をわかってて演じてる。
シュヴァーンの感情のはけ口になれるようにいつも嫌味を言いに来てたりとかね。
あ、もちろんアレクセイは気付いててイエガー利用するんだよ。

イエガーもある意味で自分の中の何かを貫くために生きる人間だと思う。
他人にはまったく理解されなくても誰にも説明したり言い訳せずに、
自分が守れるものを守れるだけの手を使って守る、そんな人間じゃないかなぁと。
別に善人ではなくて、自分がしたいことだけをしてるって感じ。
まぁある意味ユーリと似てる思考回路じゃないかなと。
違うのはユーリよりもしがらみが多くて弱みを多く作ってしまってたこと。
(シュヴァーンとかキャナリとかゴードロとか孤児院とか、ね)
そして選ぶ手段がより黒いもの(確信的に悪い手段)だったということかなと。
仲間がいなかったとかもあるかもしれないけど。

イエガーって色々妄想出来ていいなぁ。
ザウデで死ぬところとかもね。
ただ死ぬつもりだったら魔導器のことばらさなくても良かったんだけど、
自分が好きだったシュヴァーンをレイヴンが捨てたのが少しだけ悔しかったとかね。
憎いとかじゃなくて、ちょっと悔しいんだ。
大切なものを新たに見つけられたレイヴンが悔しくて、
レイヴンに「今」を見させて選ばせることができたユーリ達に嫉妬したんだ。
だから隠していた心臓のことを最後になってレイヴンに教えて、
ずっと抱いていた孤独は間違いで一人じゃないんだよと教えて、
そしてその後で、一人(心臓魔導器的な意味で)にするんだよ。
でもそれも、今のレイヴンなら心配いらないだろうなって思ったからとか!
ミーの役目はこれでエンドでーす、とかね。
うわ。自分で書いてて涙ぐみそうだった。

そんなこんなでイエシュヴァ熱いなぁとか思う次第です。
設定だけならアレシュヴァイエってドツボついてきてるんだぜ!

| 呟き | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。