運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

クレープも好き -ユリレイユリ-

ヴェスペリアのアンノウン追憶は半端なく疲れる。
敵が強いってのもあるけど、HPが半端ない多さなので疲れる。
ザコのHPですら50万オーバーって…。
FSで倒さないと戦闘時間が長い長い。
まぁボスはHP200万以上だし攻撃力は3000あるしでもっと鬼ですけどね。
最後手前まで潜るのに2時間ほどかかりましたよ。

現在OVLゲージが良く溜まるのでレイヴン&リタをOVL1解禁。
OVL使いまくらせていると術&BA連発で戦闘エフェクトが凄いです。
ユーリの姿が見えない。攻撃が当たってるのかわからない。でも楽しい。
おっさんのストップフロウ連発は反則だと思います。
敵は動けずフルボッコ。酷いなぁ。

↓はヴェスペリアでユリレイユリ?みたいなSS。
元ネタはおっさんクレープマスター時のスキット。
いやー、あの時のユーリは反則的な可愛らしさだと思いますよ。




 ――こんな所で何やってるんだろうねえ。
 右手で生地をすくい、左手で器用に均一の厚さの円形に広げていく。自分の手が慣れた様子で動くのを他人事のように眺めながら、レイヴンはもう何度目になるかわからない独り言を心の中で繰り返した。マメと言うのは自分にはそぐわない言葉だと思っていたが、止め時を探しつつも同じ作業を続けていく自分は案外マメなのかもしれない。そんな気分にすらさせられる。
「おっさん、やっぱり上手いな」
 手元で単調な作業をずっと見ている青年が、顔も上げずにそう呟いた。作業開始時から同じ姿勢で覗きこんでいる。飽きないのだろうかと不思議で仕方がない。
「誰がやっても同じでしょーよ。ところで、そろそろ代わってくんない?」
「まだ残ってるだろ」
「まさかこれ全部焼くの?」
「そ、全部焼くの」
 はぁ?と盛大な溜息をついてガクリと肩を落とす。
 それにしてもいったい何故、こんな所でコツコツとクレープの生地を焼いているのか。
「シシリーがせっかくおっさん用にって、作ってくれたんだぜ。使わないと勿体ないだろ」
「だからさー、そもそも何であいつがクレープ焼く道具とか作る訳よ。そんなの下町でも普通に調達できるものでしょう」
「俺が知るかよ。何かの拍子に変な刺激でも受けたんじゃねーの。天才と何とかは紙一重って言うからな。嬉しいだろ、おっさん専用なんだから」
「誤解しないように言っとくけど、別にクレープ作るのが生きがいとかじゃないからね、青年」
「作るの上手いのにな」
 甘いものは苦手なのよ、と九割諦め口調で返す。
 女性は甘い物好きだから作れて損はないと思っていたが、まさか仲間内で一番甘いものが好きなのが青年だとは随分な読み違いだったものだ。毎回リクエストされるので妙に手際が良くなっていく自分が何とも複雑だ。
「イチゴ入りチョコバナナでな。生クリーム多め」
「生地は出来てるんだから、中身は勝手に好きなの入れなさいよ」
「ついでだろ。作ってくれよ」
 じっと手元を見ていた青年が顔を上げてレイヴンを見上げてくる。長い髪がさらりと流れ、その下から覗く黒い瞳には、掛け値なしの喜びとビックリするぐらいの期待が込められていた。普段は可愛げがないほど滅多に感情を表に出さないくせに、甘いものが絡むと途端にガードが甘くなる。甘いものが食べられるのを目を輝かせて待ち望んでいる、そんな子供みたいな表情だ。
 いい年をした男が甘いもので目の色なんて変えるもんじゃない、と言ってやりたくなる。言ってやりたくなるが、それ以上にこの期待度マックスの視線は凶悪だった。少なくとも、面倒臭く感じながらも生地を焼き続けたり、その合間に生クリームを泡立てたりしてしまうぐらいには、確実に凶悪だ。
「だいたい、料理は青年の方が上手でしょ」
「出来るけど面白みがないだろ、自分で作ったやつって」
「そんなものかね。レシピ通りだったら誰が作っても同じ味だと思うけど」
「おっさんが作るクレープはダントツで旨いって」
「……褒めてもこれ以上何も出ないよ」
「なんだ、残念。でも――」
 そこで一旦言葉を区切って、ユーリはカウンターに手を掛けて立ち上がった。そしてごく自然にレイヴンに顔を寄せてきて悪だくみでもしてそうな笑顔を浮かべ、
「コレだけでも満足、かな」
 クレープとレイヴンを交互に見てそう言った。


下町の宿でクレープを作るおっさんと出来上がりを待つユーリ。
そんな情景がED後にあったりすると良いな?と妄想。
つまり、おっさんはクレープでユーリの餌付けに成功しましたよ、と。

| ヴェスペリア | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。