運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

ノベリストバトン

徹夜を続けた時の主な症状
・自覚的な眠気はない
・指先や膝が小刻みに震えたりする
・焦点が合わなくなる
・変に頭がさえていたりする
・でも頭の奥が熱い気がする
・瞬き→極短時間の意識喪失、を経験する
社会人、好きなことをしたかったら削るところは睡眠時間ぐらいだしね!
まぁ今日は寝ます。さすがに年には勝てない。
ハイテンションだけで乗り切るのは若さの特権だよ。

で、ノベリストバトンというものがヒナさんから回ってきました。
ノベリストというのはおこがましいですが、↓回答してます。




■小説書いてどれくらい?
ノートにガリガリは小学生の時にやってたから…ねぇ?
その後、中学ごろにもオリジナルファンタジー系を書いてました。
そして暫く書かなくて、次はサイト本館だから3年と少し前から今までです。
で、結局何年?という問いにはノーコメントで(笑)。

■どういった話を書く事が多い?
昔はよくあるファンタジー書いてました。
世界がどうとか。天使とか悪魔とか精霊とか、不死とかヴァンパイアとか。
サイト始めてからは「基本的には両想いなんだけど伝え方がわからない」「結ばれそうで結ばれないけど繋がってる」そんな二人の話でしょうかね。うわー、じれったいな!
話は内面主体で、自分の気持ちに気づく系、もしくは自己完結して相手に伝えない系が多いかもしれません。

■プロット(構成)は立てる派?立てない派?
数話までなら立てないで勢いで書いちゃいます。
立てても話の流れ程度の場合が多い。あと台詞だけとか。
立てた方が起承転結が綺麗に流れるのはわかってるんですけど、プロット立てるとプロットの時点で自己満足しちゃって本文を書かなくなってしまったりします。

■視点は一人称(主観的)と三人称、どちらが多い?
昔は三人称。最近は一人称も混じります。
というか三人称視点の一人称語り(?)ですかね。
うーん、何と呼んだらいいのか自分でもわかりません(汗)。

■長編気質? 短編気質?
短編気質ですね。1シチュエーションのみのSSが多いです。
長編は……どこから長編と呼べるのかわかりませんが、少ないです。
完結する前に飽きる(笑)。

■今まで長編、短編合わせて何本書いた?
何本?う???ん。
サイト内のファイルを全ジャンル確認したら500?600ぐらいありそう。
一番多いのはアビス、二番目はFF12、次いでSO3かな、という感じ。
ちなみに各ジャンル長編が一本ぐらいで、あとはコピ本1冊です。
サイト以外は良くわかりません。ノート10冊ぐらい?
 
■今まで書いた話でお気に入りを3つ。
ええー?!自分の話は後で読み返すのが怖いんですよね。
敢えてなら、

「Message to God」FF12ヴァンバルのコピ本
比較的話が拡散せずにまとまったと思う。もどかしさが半端ないけど。

「火曜の翌日、水曜の前日」TODイクディム
特に何の変哲もないけどコンパクトにまとまった話。戦闘シーンが書きたかった一品。

「月の雫」☆矢リアシャカ
捏造甚だしいけど好き。書いた私だけが幸せ。

嵌りっぷりが酷くない状態で書いた話の方がまともに書けてるかな。
ドツボになると自分の萌えを上手く消化するのが難しいです。

■話を書くにあたって、自分なりのこだわり、ルールは?
絵(シーン、情景)が浮かぶ。
話口調や思考を統一(二次は原作の話し口調を崩さない)。
同じ表現は使わないように注意する(けど、結構似てたりする)
声に出した時の響きが綺麗な方が好きです。<え?
補足:エロなしでエロく感じさせる、が目標

一文一文が修行ですねー。

■書いてる時はBGM有り? 無し?
基本、なしです。
もしくは興味のないTVをかけっぱなしにします。
ファミレスで人様の雑談をBGMにノーパソで書いてる時が一番進みます。
……変だとよく言われます。

■これから挑戦したい話や世界観、目標など。
現代日本、が書けないので書いてみたい。
あとは心情よりも行動や状況に重点を置いた話。

■憧れる作家さんを3人。
うーん、基本はいないんだよな、これが。
読むのと書くのとでは、私の中で完全に世界が違うんですよね。
読むのは好きだけど、憧れはなかったりする。
単に好きというだけなら(敬称略)、

・田中芳樹
キャラの回りくどい考えは多少影響を受けてるかもしれない人。
銀英伝は何度読み返したかわからない。

・森雅裕
マイナー過ぎるけど、大学のころに読んでハマった。
「歩くと星が壊れる」は自分でもわからないほど好きです。
絶版本が多いので定価以上購入の本が半分はある。でも必死に集めてます。

・島田荘司
ミステリに嵌る切っ掛けになった人。ミステリ好きなら知らない人がいないですね。
御手洗シリーズがやっぱり好きです。推理小説なのに何度も読みたくなる。

■次に回す素敵なノベリストを5人。
うぉぉぉ。
知り合いの少なさを露呈してしまうので、ここはアンカーで!
と、書きつつ、北川さんにそっと渡してみる。スルー可。

| 呟き | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。