運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

美味し過ぎる

昨日の妄想に賛同くださった方ありがとうございますー!
やっぱりいいですよね、シェリティキ!
どう見ても公式ですよね!
これでティキ受けがメジャーになってくれることを激しく希望。

妄想語りはネタバレOKな方だけどうぞ。


 
=====
 
毎日何度も読み直してニタニタしているんですが、ティキだけノア肌色しているのは何か理由があるんでしょうかね?だって人間として行動する時はいつも白ティキでしたよね?

1.貴族の時は黒ティキ姿で行動していた
2.例の暴走でノアの力の制御が利いてない
3.☆野先生の気紛れ(笑)

うーん、どうなんだろう。
それにアレンの剣はノアの力だけを斬るって言ってたのに、ティキが痛がっているのって微妙におかしい。ということは、2が正解に近い? あの覚醒したノアの力が体内にあるから、身体に傷がつかないはずなのに斬られた箇所が痛むと(体内のノアの力が斬られ続けている痛み、みたいなもの?)。
あ、自分で書いてその設定結構萌える。
ノアの力が覚醒しているからずっと傷が痛むの。で、その痛みのせいでアレンのことが頭から離れない。夜中とかに痛みで目を覚まして、自分に剣を突き立てた少年の顔を思い出す。……なんというアレティキアレ!痛みで繋がった関係!
それにこの設定だとキャメティキもシェリティキも美味しさ倍。たまに魘されているティキの姿を見て額の汗をぬぐうロードとか、アレンや師匠に憎しみを抱くシェリルとか。



 無言のまま、眠っているティキの顔を見下ろす。
 漏れ聞こえた声が気になって様子を見に来たのだが、額に大粒の汗が浮かび、安らかな眠りでないことは一目見ただけでわかった。下唇に血が滲んでいる口が小さな音を紡ぎ出したが、何と言っているのか殆ど聞きとることはできなかった。ただ「しょうねん」と、そう聞こえる部分があった。
「あの時の夢、か……」
 シーツを掴む手を上から包み込むように握る。
 ティキの身体に見えるような傷はない。ノアの力は人間やエクソシストよりも強く本人を守る。けれど、ノアの力そのものに穿たれた傷は容易なことでは回復しないようだった。しかもノアとしては致命傷に近い攻撃を受けた後で覚醒による暴走までしたのだから、体内に残っているダメージは深刻なものだ。
「正直僕は人間なんてどうでもいいんだけどね」
 別に妻や使用人たちに憎しみなどない。着飾った貴族や腹黒い政治家、飢えや戦争で死ぬ庶民に対しても憎しみも同情もない。それは恐らく人間たちが蟻や蚊がどうなろうと気にすることなどないのと同じだ。身の程もわきまえず攻撃してくるのでなければどうでもいい。
 千年公の計画に異を唱えることはないが、それとて楽しみの範疇でしかない。エクソシストに対しては血が騒ぐが、従順ならば人間など生きていても死んでいても構わない。だが、
「僕の弟に手を出した罪は、死んでも償いきれるものではないよ」
 刃のような冷たさの声が、暑苦しい部屋の空気の中にゆっくりと沈んでいった。



絶対シェリルってノア家族以外には興味なしがいい!
そしてロードとティキを溺愛がいい!
あー、いいなぁシェリティキ。
どっちかというと「シェリ→ティキ」強めで、でもティキも本心ではシェリルを嫌ってないというのが良い。っていうかストレートな愛情の示され方に対応の仕方がわからないとかだったら萌える。

あと、舞踏会ではティキ・ミックで呼ばれてますが、シェリルと姓が違うのはシェリルが婿養子になったか、ティキが別の家名を継いだかのどちらかなんでしょうかね? 千年公のことをご婦人方に言われたりするのから推測すると、ティキの後見人が千年公ってこともあり得る。……って、後見人千年公って結構萌える設定だな!千年公×ティキもありってことか?!<雑食はいい加減にしなさい

いや、そもそもあの弟発言も、ただ「ノアとしての弟=目覚めた順番」って可能性もあるんだし。とはいいつつ、ノア家族ってどうしてこう美味しいのかなぁ!

| Dグレ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。