運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

呆れるほどに -グレジャミ-

最初に思うのは馬鹿馬鹿しい、で。
次に思うのは何でこいつなんだよ、で。
次に思うのはそれでもやっぱり、だ。

毎回毎回、判で押したように同じ思考が頭を支配するのには、自分のことながら正直泣きたくなってくる。もう自分が救いようも逃げようもないほど嵌ってるってんならそれでもいいから、せめてこの情けない繰り返しだけでもどうにかして欲しいものだ。
尽きることのない欲求を満たすだけで身体を限界まで疲れている。
いつかどこかで交わしたやり取りの繰り返しで神経がイカレている。
常識も非常識も、正しいも正しくないもわからなくなっている。

荒くなっていく呼吸と、意識と関係なく上がっていく熱と、痛む身体の中心と、そのくせ刺激が足りないと疼く欲求と。どれが本当の感覚なのかわからない。

「も……無理」

呼吸の隙間で辛うじて掠れる声で言葉を発する。
自分でも聞き取れるか聞き取れないかぐらいの大きさだったが、幸いにも抱きかかえられる格好で相手の耳元だったので一応届いたようだった。
一瞬だけ律動が止まり、大きく空気を求める。汗を含んだ湿気と嗅ぎなれてしまった独特の匂いとが充満していたが、自分の体温よりも低いというだけで爽やかにすら感じられた。胸いっぱいに吸い込んで、熱くてたまらない身体を内側から冷やそうとする。

「珍しいな」
「――何が?」

ぴったりと合わさっている胸元へ低い声が振動として伝わってくる。グレイの声は決して大きくはないのに、この声をジャミルの耳が聞き逃すことはない。

「最中は唇を噛んで声を聞かせないからな」
「それはっ――アンタが煽り過ぎるからだろう!」
「誘うのは誰だ?」
「なっ――……言う、なよ。そんなこと」
「それで今日は限界だと? そうは思えんがな」
「――――っ」

身体の向きを変えられ、ぐっと奥を抉るように差し込まれる。
痛みで反射的に逃げようとする身体と、求めるように締まる飲み込んでいる部分と、ジャミルの身体を捕まえる冷たい手と。一つ一つが確実にジャミルの神経を追い詰めていく。

「こっち、は、体力ねーんだよ。アンタ、と一緒…にする、な」
「誘ったのは?」
「あぁ、くそ! わかってるよ! でもあんたに逝かされ過ぎて力が入らねーんだよ! これ以上やったら明日出発できねーよ! わかってるだろう! もうこれ以上言わすなよ、こんなこと!」
「それは……困ったな」

微かに声に笑いが混じり、嫌な予感に横目でグレイの表情を窺う。
普段からそこに何らかの意思や感情を見つけることは難しい。別にポーカーフェイスという訳でもないのだろうが、どんな時でも感情が表情に出にくいのだ。
だが珍しく笑みが浮かんでいる。小さく口角が上がり、瞳が楽しげにジャミルの姿を舐める。
――ヤバイ
そう思ったが既に遅かった。
ぴったりとくっついていた身体を離すと接合部分はそのままに、片足を捕まえて器用にジャミルの身体を半回転させてシーツの上へとひっくり返した。逃げ出そうと足を動かそうとしたが無駄だった。腰を持ち上げて繋がりをさらに深くしてくる。

「ぁあっ――――!」
「良い声だ」
「っの、変態」
「困ったな。これでは明後日でも出発できるかどうか――」
「――って! くそっ!」

馬鹿馬鹿しい。何でこいつなんだ。何でこいつに嵌るんだ。
容赦なくて、優しくなんかなくて、変態で、体力あり過ぎで、鬼畜で、懇願なんか聞き入れなくて、こっちの都合はお構いなしにやりたい放題だ。それなのに何で。

アンタから与えられるなら何でも良いなんて、どうしてこの心は情けないことを願うのか。


やってるだけシリーズ(何それ)。
グレイは絶倫だと主張。ついでに鬼畜も似合うと主張。このCPは書いていていつも鬼畜気味になるのだが、このCPが一番身体の相性が良くて満足してるように感じるのは気のせい?(人に聞くな)
モロなSSをUPすると危険なのでここでは表現を色々削ってます。消化不良はお許し下さいませ。

| ゲーム関連SS | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。