運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

ぺよん映画&ぺさん映画化!

ぺあに総集編&真ENDなぺよん映画見てきました。
ネタバレはまぁ続きでするとしてまずは、

ペルソナ3映画化決定おめ!!!

と叫んでおきます
まじ。
公式発表もあったからこれは言ってもいいよね?
本当にご馳走様でした
映画館でリアルに叫んで咽び泣いたバカはこちらです。
泣かずにいられるものか。
キタローまじ美人だった。
色々不安もあるけど楽しみに続報を待ちたいと思います。

で、続きはぺよん映画感想。
モロネタバレなので映画を見てない方は回避を
見ようと思ってる方も回避を
BDまで待ちたい方も回避を
取りあえずネタバレなしで最初に見てもらいたいので、
どこでも吐き出せなくて苦しいって方だけお付き合いください




 
ここからぺよん映画のネタバレですよ?
見てない方は全力で回避してくださいね?
総集編だしいいでしょって感じで閲覧するのも回避した方がいいですよ!
 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

  

  

  

 
完全に壊れちゃった番長ありがとうございました公式様!!!

もう本当にその一言に尽きる
ループへと切り替わる直前のあの壊れた笑い
まさか公式で拝めるとは思いませんでしたよ
本当に私のドツボでしたありがとうございますご馳走様でした!
あの番長に会うためだけでも何回も見に行く価値がある(現在5回)
そこからの流れでループの病み番長とかどんだけ…
たくさんのテレビの中のシャドウ番長も可愛すぎましたね
一人ぼっちに戻りたくないとか、
八十稲羽に来る前はどれだけコミュ障だったんですか鳴上くん!!!
ブレザー悠くんの映像で友達少なそうな印象はありましたが、
まさか友達いなかったのが公式で確定するとは思いませんでしたよ
そりゃそんなところに戻りたくないよね?
ここには友達たくさんいるもんね?
一人きりで人生歩んでいくなんて嫌だよね
本当にご馳走様です。


とりあえず一番興奮したところを書いたところで最初からの感想。

初っ端はアメノサギリ戦からのスタート
てっきりアニメ全部をまとめるのかと思ったらほとんど最終戦辺りでしたね
ここで「俺は一人じゃない!」というのがある意味後半へのフラグとは最初に見た時は思わなかったよ
あいつらとならとか、二回目に見ると別の含みがあって放送時と違う気持ちになりますね
あと開始早々にあのヒロインポジションの陽介の叫びは笑いをこらえるのが大変だった
うん、いいんだけどね。やっぱそれなんかおかしい

この後、商店街に戻ってきたシーンが追加されてました
皆で円陣組むの可愛い
クリスマスパーティー&菜々子ちゃん退院とか、
そこから特捜隊の皆との日常生活とかたっぷり可愛かった
悠くんの楽しそうな笑顔が…ね

そしてOPとその後のマーガレットさんお怒りモードに切り替わり、
現状を思い出すようにやってくる3/20のお別れ会映像
たぶんここで挿入されたシーンは現実でいいんだよね?
あいかわらず物体Xな料理を作る千枝と雪子とか、
怪しい食事を味見させられそうになる番長とか、
止めようとした陽介が代わりに食べさせられて悶絶するとか
で、帰ってきた菜々子ちゃんが足立の手紙を番長に渡して、
そこから事件を振り返る形で回想(総集編)へと突入する

ここからほぼ24&25話の足立戦をまとめた感じ。
たっぷり足立。ほぼ足立。
僕なにか悪いことしてるぅ?がまじ殴りた過ぎてうざ可愛かった
間に特捜隊のナレーション付きで皆のマヨナカテレビのシーンとか挟みつつ、
ミツオ戦もナレーション込みで振り返り
陽介が助けてくれたからだとか感謝してるとか、皆の前で言うなよ照れるだろとか、
公式やり過ぎです本当にありがとう
でもある意味この番長の特捜隊の皆に対する強い絆と、
ミツオの時に見せた誰もいないことへの恐怖がここでも後半への伏線ですね

そして足立vs番長のシーンへと
イザナギvsマガナギの動きが追加されていて興奮した!
現実はゲームじゃないとか現実と向き合えとか、いちいちこっちの胸が痛くなる
でもここの、現実が最低なのはお前だけじゃない!は、
本当にこの後を見てから聞くと結構切実な叫びなんだねと思っちゃうね
そうだよねここに来るまでは最低な現実の中で生活してたんだね
カッコいい台詞がこの後の番長へと続くと思うと本当に痛い苦しい萌えるごめんなさい

まぁここら辺までは総集編の流れ。

で、足立の手紙の続きになり現在へと
マヨナカテレビの話を最初に教えてくれた人~の話を、
皆でフードコートで話し合ってるシーンへ
番長の力は最初誰が?何があった?ってところで思い出しかけたところで…

で、何故か急にまた3/20の堂島家での見慣れたシーンへ
物体Xを味見させられそうになってるシーン
あれ?これさっきあったしさっきとなんとなく違うくない?
と思ってる間もなく菜々子ちゃんが帰ってきて、でも足立の手紙は持ってなくて、
悠がここに初めて来た日どこに寄った?!と詰め寄りガソリンスタンドの話へ
慌てて飛び出す番長
何故か外は晴れたはずの霧に覆われていてガソリンスタンドで店員と対決
イザナミさん登場。で、ネタ明かしの話があって、
イザナミ「霧の中で見たいものだけを見ている方が幸せでしょ?」
悠「霧の中が幸せなわけがない!」
イザナミ「今のあなたにそれが言えるんですか?」
悠「?!」
イザナミ「見たくもない真実を、残酷な現実を思い出したいんですか?」
ここではっとなって番長が思い出す→場面が黄泉平坂へ
一瞬挿入される白黒のイザナミと向かい合ってる映像は一回目の(現実の)、
イザナミへとたどり着いた時の映像なんですかね

で、イザナミと対決した現実。
特捜隊の皆が目の前で飲み込まれて消えてしまう現実。
ここでも助けてくれる陽介まじ相棒でも番長は陽介を助けられない
誰も助けられない
(あ、でもここで足掴まれてる千枝ちゃんまじ色っぽかった
あの足私もなでなでしたいと思ったのはちょっとだけ内緒ですよ)
やめろ!がやめてくれ!に変わる辺りで心が折れてるなーと思った
本当に番長は皆がいるからここまでこれたんだね
ただ一人取り残されて叫んで…壊れた番長のループへとですが…

いやもう本当、ここの番長のゆっくりと顔を上げてイッた目で笑うの!
ほんの一瞬なんだけどまじ怖い怖い怖いでも萌えるよごめんなさいありがとう
ゲームでの番長ならきっとこうはならなかったんだろうなと思った
たぶんアニメで培ってきた鳴上悠だから、こうなった
賛否あるかもだけどすごく良かったよ
本当に一人は嫌なんだね
繋いだ絆を大切に思うがゆえになくなる恐怖に押しつぶされちゃったんだね
そして幸せな3/20ループ
目の下にクマ作って壊れた笑い浮かべて幸せそうに笑う番長は本当に怖かったよ
日付が動かない演出が本気でgkbrきた
ループ怖い
みんな、ずっと一緒だよな…

かーらーのー!
冒頭に戻ってのマーガレットさん!
ビンタされる番長まじダメ番長の顔でよかった
腑抜け顔まじいいわ。
怒ったマーガレットさんに殺されそうになって蹲って頭抱える番長まじ心折れまくり
でもここで特捜隊以外の絆の力発動がね、よかった
一番最初が菜々子なのはもはや当然ですねわかってます
抵抗する気持ちもない番長を庇うように現れる正義のスラオシャ!
お兄ちゃんならきっと戻ってきてくれるよね
の台詞に正気を取り戻しかけるところはさすがシスコン番長です
でもこの後の剛毅コンビがまじカッコよかったよ。
負けるな鳴上!やっぱ剛毅いい友情いいすごくいい

へたり込んで何もできないダメな番長を、
マーガレットさんの怒涛の攻撃から次々守ってくれるアルカナ
次第に力を取り戻していく番長の表情。いい演出ですね
呆然としてた目に力が戻ってきて自分でカードを掴みに行く過程が本当にいい
そして最後の堂島さんのコウリュウまじ格好良かった
本当の家族…
いいわまじ堂島さん格好いいわ
生田目のところで省略したことは許せないけどここは本当に良かった

で、最後に噂のシャドウ番長登場!
積み上がったテレビの中に浮かび上がる沢山のシャドウ番長
一人は嫌だ。寂しい。繋がりのない場所に戻りたくない。ずっとみんなと一緒にいたい。
番長もそれを認めながら、真実なんていらない霧の中でも皆がいれば~の台詞
これ聞いてると本当に番長は八十稲羽にくるまでは友達いなかったんだねと ホロリ

でも最後にお前は俺だと認めてマーガレットさん撃破
一人になっても孤独は訪れない
うん、それが今回の話だよね
一人じゃないことと孤独じゃないことは違うってところが
そして真実の宝珠で再びイザナミ戦へと帰還

イザナミ戦での番長はまじ番長に相応しくかっこよかったですね!
眼鏡が割れるシーンとか、自分から投げ捨てるシーンとか、テラカッコイイ
P4U番長に通じる番長らしい番長にまじ震えた
ここで、俺はもう孤独じゃない!というのがやっぱりよかった
一人だとしても孤独ではないというのがね
前半でのブーメランが突き刺さってた後半の番長だったけれども、
一人じゃない、そして孤独でもない、というのが成長なんでしょう
本当格好良かった

うん、まぁ感動したんだけど
この後、花背負って目を覚ます陽介に笑いそうになったのは秘密ではありません
本当に陽介いい加減にしろ
ヒロインポジションばかり取るのはやめろ


そして感動の3/21の別れへ
貴方が掴み取った素晴らしき明日、がループの後だと痛感できますね
まじ、明日がくる、ことは素晴らしい
みんなと一緒にいる今日だけを望む心は否定できないけれども、
現実の世界にやってくる明日という日は本当に素晴らしくて大切な日だと
忘れないっと涙ぐむ番長も本当によかった




でで!

EDの後で出てきたカレンダー表示
急速に遡っていき、黄色かった表示が青に変わって…
本当に最初に見た時は悲鳴しかあげれませんでしたね泣くしかできませんでしたね
そうだよね
番長たちのとても素晴らしい明日は、彼が守ってくれた世界なんだよね
もう泣くしかできない
ありがとうございます


というわけで、ペルソナ4映画は想像以上によかったです
2/3はまぁテレビ版の総集編ですけど、
総集編の内容がそのまま後半へのフラグになっていてよかった
二回目の時の方がわかっている分台詞が心に突き刺さる突き刺さる…

他にも冷蔵庫にキャベツがあって興奮したとか、
足立くんのパーカー姿可愛かったとか、
ごめん覚悟してたけどキツネに笑いそうになるとか、
エロ眼鏡、男子のたしなみ、堂島さんの三角帽子、陽介の見切れ率とか、
まぁ色々ありましたけど本当に楽しめました
早く劇場版のBDも欲しいです

| ペルソナ | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。