運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせとか

寄稿させていただいたP4の番長お誕生日アンソロが5/4のSCCで発行されます
詳しくは> 番誕!をどうぞ
よろしければお手に取ってください
素敵な番長がいっぱいで今から私も楽しみです
寧ろ私が楽しみです

そういえば、ついった用のアイコンで遊んでみた結果、
ticon
こんな足主の小話アイコンになりました。
レイユリレイとかアレシュとかその他もろもろ作って遊んでた。
息抜きの短い話は書いていて楽しいです。
絵描きさんの落書きってこんな感覚なのかなーと思ったり。
あ、一応上記のアイコンSSは続きに格納しておきます。
200文字程度の小話ともいえないような短さですが。


 
ことん、と肩にもたれかかてきた頭を見下ろす。
淡い髪の頭に触れれば少しだけ身じろぎするものの目覚める気配はない。
ここ四日ほど眠れなくてと自嘲を込めて弱味を晒した子供の顔は青白く目の下にはクマが刻まれている。
肉体的にも精神的にも限界だったのだろう。
正義のヒーローごっこの結果がこれだ。
ざまぁないねと声に出さず哂ってやったが、重みのかかる肩を動かすのはなぜか躊躇われた。
頼る相手などいくらでもいるだろうにどうして足立に吐露するのか。
「本当に……バカなガキだよ」
寄りかかる先が一番危険だと考えもしないなんて、愚かな子供だ。

| 呟き | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。