運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

道を踏み外す

堕ちていくアスベルとか本当に萌えるよ!

ラント追放時のアスベル兄さんのことを妄想すると滾りますね。
あれはソフィを失うことに次ぐトラウマレベルの出来事。
再会時に弟を普通に守ったりする流れのせいでわりと軽い印象があるけど、
あの雨の中で蹲るアスベルにはきっと黒い感情が渦巻いていたはず。
自分が情けないっていう内向きな感情だけじゃなくて、
恨みや憎しみのような外向きの負の思いがなかったはずがない。

あの時ソフィが変わらず側にいて守ってくれて堕ちていかない理由をくれて、
だからこそアスベルはギリギリで踏みとどまれたんだと思う。
ソフィがいなかったら完全に人生を捨てているか、
もしくはリチャードと共感してラントを攻め落としててもおかしくない。
そんな感情を抱かなかったといえるほどに聖人君子ではないはずだ。
寧ろ聖人君子じゃないけど踏みとどまれたことこそ、アスベルがアスベルたる所以かな。
本当にパネェなって思うところはそこ。
思わないんじゃなくて自力で踏みとどまったのがすごい。
そしてそれをちゃんとわかってるのがすごいなぁと。

そんな思いをしてきたからこそリチャードもラムダも見捨てられなかったのかなとも思う。
リチャードのことは親友として最後まで助けようとしていたのかもしれないけど、
ラムダのことは本当、自分と重ね合わせると手を差し伸べずにはいられなかったのかな。
もう一人の自分。
誇張でも比喩でもなくてアスベルにとっては本当にそうだったんじゃないかなと。

けれどそれはとても危うい橋で。
一つ間違えればきっと色々な流れは変わっていただろうなと。
その妄想の一つが弟に冷たいアスベル萌えるよね!っていう(笑)。
ラントでのわだかまりをどうしても消化しきれなくて、
旅の間は普通の表情を見せていたけどED後は覆い隠し切れなくなったら、と。
ま、そんな妄想の産物でした。
本当は私がアスベルさんに冷たい眼差しで拒否されたいんですけど!
あのアスベルに冷たい眼差しで見られるとか萌え滾るわぁ。

以下はコメ返信です。
ぽちっともいつもありがとうございます。
作品を書く気力です。


 
2/25 0時過ぎ「弟に対して冷たい兄さんに?」の方
コメントありがとうございます!賛同して頂いたおかげですぐに書きたくなって完成させました。サイトの方で楽しんで頂ければ幸いです。
本当に、あの優しげな兄さんに拒絶されるとか超滾りますよね!ゲーム中ではあまり鬱屈した心情を見せることのないアスベルですが、状況を考えるとかなり重いものをため込んだ時期があるのではないかなぁと思っています。実際にはソフィや他の仲間がいてそれらが顕在化することはなかったですが、自分の悩みは口に出さないのが兄さんかなと。だからこそ限界超えたら…と妄想するととてもおいしいです。弟は自分が拒絶することはあっても兄が拒絶することはないと無意識に甘えていたら萌えますよね!口では何といっても兄さん大好きな弟可愛い。
この度は感想ありがとうございました!

| グレイセス | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。