運命の果てまで

テイルズ(V/G/A/S-R/D)・FF・Dグレなど、ゲームやマンガに好き勝手萌える腐ログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

更新したよ

久しぶりに少しまともな長さの話を更新した気がする。
ラムアスだけどアスベルに夢見た妄想の産物ですよ。
しりとりネタはやりたいなと思いつつ、
前半と後半のギャップが大きいのは書いた時期が違うからですすみません。
天然ボケでちょっとバカっぽい兄さんを良く書いてる気がするけど、
実際はドシリアスで胸の内にため込んでいく人間だと思ってるんです。
そんな思いを込めたはずがどうも散乱してますね(笑)。

続きにアスベル妄想を少し。


 
言動だけ見てたら能天気で少しお馬鹿なお兄さんは、
実は何でも抱え込んで忘れられない上に人のことばかり考える人間じゃないかなと。
その上悩み事を人に吐露するって思考が働かない人。
人の悩みは聞いて一緒に解決しようとするのに自分のことは自分でしちゃう。
人のために行動できても自分のために人を動かすことができない。

アスベルは世の中の全部を守れないとわかっていても全部守ろうとする人で、
全てに手を差し伸べられないとわかっていても手を差し伸べようとする人で、
助けられないことを理解していても最後まで助けようとする人で、
どうにもならないことをどうにもならないと知っていながらどうにかしようとする人かなと。
猪突猛進と違うのは自分の行動が絶対に可能だ、とは思ってないこと。
不可能さを知っていてそれでも行動に移すタイプかなぁと。

例えばユーリは自分の背負えるものを背負い罪を背負うことを選んだけど、
アスベルは背負いきれないと理解しているものも手放さないことを選んでる。
ユーリは手を汚し正しくない道を選んでも守ることを覚悟をして、
アスベルは無理を承知で手を汚さない覚悟を決めたのかなぁ。
まったく違う方向に決断してるけど背負っている覚悟は同等な感じで。
いやまぁそれは私の願望であり妄想なんだけど。

とにかく助ける!守る!何とかなる!じゃなくて。
守りきれないことを知っていて、自分の手ではどうしようもならない現実も知っていて、
(実際ソフィを失ってるしラントは守りきれないし弟には拒絶されて力づくで追い出されるし、
ソフィには守られっぱなしだしリチャードには手酷く扱われるし手紙は握りつぶされるし、
父とは和解しないまま死別するし色々酷い目にもあってるし)
自分が何も守れない可能性を理解していてもそれでも全てに手を伸ばす。
そんな潔さというか覚悟が好きなんだなと思う。
あと色々無事だから忘れがちだけどアスベルは本当に自分自身を大切にしないな(笑)。
守る対象に自分が入っていないっていうのがもう。
わざと排除してるんじゃなくてナチュラルにはいってないというのが何ともいえない。
だからこそラムダを助ける為に自分を差し出すなんてことが当たり前に出来るんだろうなと。
もちろんあれはラムダのことを想っての行動だろうけれども、
口では何と言っていても乗っ取られる可能性がゼロじゃないことを理解して行動してる。
乗っ取られることとラムダを見捨てることを比べた時に、
アスベルはナチュラルに乗っ取られること選びそうだ。
人を見捨てられない犠牲に出来ない。
甘いことこの上ない思考は、けれど危険も何もかも正しく承知の上で実行されるから、
ただの綺麗ごとじゃない響きになってるんじゃないか。

……などとアスベル厨はそんな妄想をしています、と。

本当にアスベルは自分をもう少し大事にしろ。
まぁナチュラル自己犠牲思考のアスベルも大好物ですけどね。

| 呟き | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。